パーツステーションNET会員規約

第1章 総則
第1条(目的)
当会は、株式会社ブロードリーフ(以下、「運営会社」という。)が管理・運営するコンピュータ・ネットワークであるパーツステーションNET(以下、「本ネットワーク」という。)上に、運営会社の指定するコンピュータ・システム(以下、「本システム」という。)を導入した一定のG会員及びO会員(以下、併せて「会員等」という。)が、各自の保有する自動車関連部用品情報(以下、「販売情報」という。)を登録・公開し、すべての会員等が販売情報を本ネットワーク共有の情報として利用するという、消費者の多様なニーズに対応した販売市場の仕組み(以下、「本サービス」という。)を提供することで、取引対象として本ネットワーク上に公開された自動車部用品(以下、「本商品」という。)の売買活動を支援し、各会員等の利益の拡大に貢献することを目的として活動するものとする。
第2条(定義)
本ネットワークは、パーツステーションNET会員規約(以下、「本規約」という。)に基づいて管理・運営されるものとするが、本規約上で用いられる主な用語の定義は、次の各号の通りとする。
  • (1)「認証情報」とは、会員等が本サービスを利用するために必要となる、運営会社の発行する専用のID・パスワード等の情報をいう。
  • (2)「G会員」とは、「システムユーザー」と「ブラウザユーザー」の総称で、第3条の資格要件を満たした者のうち、本規約のすべての条項が適用されることに同意した者をいう。
  • (3)「O会員」とは、前号の資格要件を満たした者のうち、第4章(品質保証)に定める各条項部分を除いて本規約が適用されることに同意した者をいう。
  • (4)「システムユーザー」とは、「売主」と「買主」の総称をいう。
  • (5)「売主」とは、会員等のうち、販売と購入の双方向が行える本システムを導入している「システムユーザー」であって、認証情報を取得して、本ネットワークを通じて、本商品を販売する立場にある者をいう。
  • (6)「買主」とは、会員等のうち、販売と購入の双方向もしくは購入のみが行える本システムを導入している「システムユーザー」であって、認証情報を取得して、本ネットワークを通じて、本商品を購入する立場にある者をいう。
  • (7)「転売元」とは、「会員」のうち、購入のみが行える本システムを導入している「システムユーザー」であって、認証情報を取得して、本ネットワークを通じて、「転売先(ブラウザユーザー)」に対し、本商品を転売する立場にある者をいう。
  • (8)「転売先」とは、本システムを導入していない「ブラウザユーザー」のことであって、認証情報を利用して本商品を閲覧することはできるが、転売元から本ネットワーク外で転売を受けるという取引形態でしか、本商品を購入することができない者をいう。
  • (9)「本サーバ」とは、「売主」が販売情報を登録することになる、当会のサーバをいう。
  • (10)「本サイト」とは、会員等が本サービスを利用するにあたり、本サーバに登録された販売情報が反映されるインターネット上のコンテンツサイトをいう。
第2章 会員等
第3条(会員等資格)
  1. 当会において会員等とは、次の各号に定める事項をすべて満たした者をいう。
    • (1)運営会社のシステムユーザー又はブラウザユーザーであること。
    • (2)常設の営業拠点を有し、現に営業活動を行っている者であること。
    • (3)営業活動に必要な法令上の許可等をすべて保有した者であること。
    • (4)第13条に定める除名事由に該当する者でないこと。
    • (5)当会の定めた必要書類を提出し、当会が行う審査に合格した者であること。
  2. 前項の定めに関わらず、当会が特別に認めた者は、会員等となることができる。
第4条(入会手続)
  1. 当会の会員等になろうとする者(以下、「入会希望者」という。)は、次の各号に定める手続き、その他当会が別途定める入会手続きを完了しなければならない。
    • (1)入会前に当会の諸規約及び運用ルール等を熟読して、その内容を理解し、これらすべての規約等に従う(O会員の場合、本規約の第4章部分を除く。)ことを承諾した上で、当会が指定する方法に従って入会の申込みを行う。
    • (2)所定の入会申込書に必要事項を記載して当会に提出するか、又は本システム上で規約への同意等の所定の手続きを行い、当会が行う審査に合格する。
  2. 当会は、前項第2号に定める記載事項以外であっても、当会が必要と判断した場合には、入会希望者に対し、必要と判断した事項の申告又は書類の提出を要請することができる。
  3. 入会希望者が前2項に定める必要事項の申告や書類の提出を怠ったことにより、当会に損害が生じた場合には、入会希望者は、当会に対し、その損害を賠償しなければならない。
  4. 当会は、本条第1項に定める入会の申込みをした時点で、入会希望者が当会の定めるすべての規約等に従う(O会員の場合、本規約の第4章部分を除く。)ことを承諾したものとみなす。
  5. 入会希望者は、本条第1項及び第2項に定める入会手続が完了した時点で、会員等としての権利・義務を取得するものとする。
  6. 当会は、入会希望者が、本条第1項及び第2項の手続きを経て会員等となった場合であっても、当該会員等が次の各号に定める事由に該当することが新たに判明した場合には、その会員等の資格を直ちに取り消すことができる。
    • (1)入会希望者が、既に当会の会員等となっていた場合。
    • (2)入会手続の過程で当会に申告された内容に虚偽、誤記、記入漏れ等があったことが、入会後に判明した場合。
    • (3)入会希望者が、過去に、第13条に定める除名によって、会員等の資格を喪失していた事実が判明した場合。
    • (4)入会希望者が、第13条に定めるいずれかの事由に該当することが判明した場合。
    • (5)その他、当会が、会員等とすることが不適当であると判断した場合。
  7. 本条に定める手続きのほか、当会は、会員等に対し、必要に応じて、機密保持に関する契約の締結を求めることができるものとし、この場合、会員等はこれに同意しなければならない。
第5条(変更の手続)
  1. 会員等は、当会に申告した内容に変更が生じた場合には、速やかに、当会が指定する方法に従って変更の届出をしなければならない。
  2. 会員等が、前項に定める届出を怠ったために何らかの不利益を被ったとしても、当会は一切の責任を負わないものとする。
  3. 当会は、会員等が本条第1項の届出を怠った場合、変更がなかったものとして取扱うものとし、届出を怠ったことが原因で当会からの通知が不到達となった場合であっても、当該通知は、通常到達すべき時期に会員等に到達したものとみなすことができる。
  4. 会員等が本条第1項の届出を怠ったことにより、当会に損害が生じた場合には、当該会員等は、当会に対し、その損害を賠償しなければならない。
第6条(手数料)
ブラウザユーザーは、本サービスの提供を受けるにあたり、当会が定める手数料を支払うものとする。
第7条(会員等資格の存続期間)
  1. システムユーザー及びブラウザユーザーの会員等資格は、ともに、第4条に定める入会手続が完了した時点で発生するものとする。
  2. システムユーザーの会員等資格は、本システムの利用終了日をもって消滅するものとする。
  3. ブラウザユーザーの会員資格の消滅時期については、特に定めないものとする。
  4. 前2項の定めに拘らず、両ユーザーともに、本規約に定める退会、除名等の手続によって会員等の資格を喪失した場合には、その時点で会員等の資格が消滅するものとする。
第8条(会員等の義務)
  1. 会員等は、本規約(O会員の場合、第4章部分を除く。)その他当会が定めるすべての規約、当会と業務提携している各コンピュータ・ネットワークに関する諸規約及び諸法令を誠実に遵守するとともに、自己の役員及び従業員に対しても、これらの内容のすべてを十分理解させるように、指導・監督しなければならないものとする。
  2. 会員等は、本サービスを利用して行う取引に関して付随的に発生する諸手続について、すべて会員等の責任でこれを実施するものとする。
  3. 会員等は、本サービスを利用して行う取引に関して必要となる資格・免許等を所持していること、及び、自己が反社会的勢力に属していない者であることを、当会に対して保証するものとする。
  4. 会員等が前項の保証に反したことによって当会、他の会員等又は第三者との間で紛争が発生した場合には、全て自己の責任と費用をもって解決するものとする。
  5. 会員等が、本サービスを利用するにあたって、他の会員等又は第三者との間に何らかのトラブルが発生した場合であっても、すべて自己の責任と費用をもってこれを解決しなければならず、当会に対しては、いかなる迷惑も負担も負わせてはならないものとする。
  6. 会員等は、本サーバ及びその他の設備に過大な負担を与えるような方法で、本サービスを利用してはならないものとする。
  7. 本サービスの提供に支障が出た場合であって、それが会員等のシステム環境等に起因すると本会が判断したときは、本会又は本会が委託する第三者は、当該会員等の立会いの下、当該会員等の管理区域内において必要な検査等を行うことができ、この場合、当該会員等は、正当な理由なく、当該検査を拒んではならない。
  8. 会員等は、本規約に基づき生じる権利・義務又は会員等の地位について、第三者と共有したり、第三者に対し、貸与・譲渡・売買・名義変更・質入れ等、いかなる処分もしてはならない。
第9条(認証情報の使用・管理)
  1. 会員等は、自己の認証情報の使用・管理等について、一切の責任を負うものとする。
  2. 会員等は、認証情報を第三者に開示しないとともに、第三者に漏洩することのないよう、厳重な管理をしなければならない。
  3. 会員等は、自己の認証情報を、第三者と共有したり、第三者に対し、貸与・譲渡・売買・名義変更・質入れ等、いかなる処分もしてはならない。
  4. 会員等が、自己の認証情報に関して、その管理不備、使用上の過誤、第三者の使用等によって、自己又は第三者に何らかの損害を発生させた場合は、その故意・過失の有無を問わず、すべて当該会員等自らがその責めを負うものとし、当会は一切 責任を負わないものとする。
  5. 会員等は、自己の認証情報を失念し、又は、自己の認証情報が第三者に漏洩し若しくは使用されていることを知った場合は、直ちに、当会に連絡をするとともに、当会の指示に従わなければならない。
  6. 当会は、本サーバにアクセスしようとする者が正しい認証情報を使用していたときは、その者にアクセス権限があるものとして取り扱うことができる。
第10条(本商品の登録・管理)
  1. 売主が本サーバに登録できる商品は、自動車関連部用品に限るものとする。
  2. 会員等は、本サービスを利用するにあたっては、本規約(O会員の場合、第4章部分を除く。)その他当会との間における一切の契約及び当会の定める操作方法に従って、適切に利用しなければならない。
  3. 売主は、本商品を本サーバに登録するにあたっては、常に正確な情報を登録しなければならない。
  4. 売主は、本サーバに登録された情報(以下、「本件登録情報」という。)について、その適法性、正確性、その他第三者の権利を侵害していないこと等のすべてにつき、当会、他の会員等及びその他の第三者に対して全責任を負い、当会は何らの責任も負わないものとする。
  5. 売主は、登録した本商品について、価格変更、売却完了等の事由が生じた場合には、直ちにその旨の登録変更や削除等を行い、常に最新の情報を登録するように努めなければならず、他の会員等が、登録した本商品について事実誤認をすることがないよう、適切な措置をとらなければならない。
  6. 当会は、本件登録情報が不当であると判断した場合には、その内容及び表示の変更を指示することができるものとし、売主がこれに従わないときは、当会の権限において本件登録情報を削除することができる。
  7. 当会は、会員等に対し、本件登録情報を、売主の販売情報として紹介するのに必要な範囲で管理をするに過ぎず、これを契機とする具体的な売買取引については、各会員等が全責任を負い、当会は一切の責任を負わない。
  8. 会員等は、本商品の売買に関し、適用される法令を遵守し、他の会員等とトラブルが生じないように、最大限の配慮をしなければならない。
  9. 会員等は、他の会員等その他の第三者との間で、本サービスを利用して行った売買取引又は本件登録情報に関する紛争が生じた場合には、すべて自己の費用と責任において解決するものとする。
  10. 前項の場合において、万一、当会が、他の会員等その他の第三者から損害賠償金等の支払いを余儀なくされたときは、会員等は当該賠償金の全額を当会に支払うのみならず、当会がその解決に要した弁護士費用その他一切の諸経費も併せて、当会に支払うものとする。
第11条(禁止行為)
  1. 売主は、次の各号に定める商品を本サーバに登録してはならない。
    • (1)自動車関連部用品以外の商品。
    • (2)適正処理を義務付けられている廃車から取り外したエアバッグなど、法令等で販売が禁止されている商品。
    • (3)クランクケースの割れたエンジンや焼き付いているタービンなど、再利用が出来ないジャンク品。
    • (4)盗品。
    • (5)偽ブランド商品やレプリカなどの商標を不正に使用した商品、その他真性品との確信が持てない商品など、他人の権利を侵害することが予想される商品。
    • (6)その他、当会が、不適当又は運営方針から外れるとみなした商品。
  2. 会員等は、次の各号に定める行為を行ってはならない。
    • (1)第4章で品質保証の対象とされている本商品について、ノークレーム、ノーリターン、工賃保証無し、商品保証規定対象外、返品不可など、本規約が適用されないかのような表示をする行為。
    • (2)商品を正しい品質ランク、品種、カテゴリー以外で登録する行為。
    • (3)品番の項目に品番以外の数字や文字を入力するなど、登録目的から外れた情報を登録する行為。
    • (4)損傷箇所又は異常内容を表示しない行為。
    • (5)販売価格を0円として登録する行為。
    • (6)メールアドレスやURLなどを表記して、当会以外での取引を誘引する行為。
    • (7)商品説明の中で、表示価格より高い金額で取引を行なう旨を記載する行為。
    • (8)送料、手数料などの名目で、社会通念上不適切な金額を追加費用として請求する行為。
    • (9)入会申込時又はその変更の届け出時に、虚偽の内容を申告する行為。
    • (10)本サービスを不正の目的で利用する行為。
    • (11)手段の如何を問わず、本サービスの提供を妨げる行為。
    • (12)当会の目的に反する行為。
    • (13)当会の承諾を得ることなく、当会を利用して営業活動をする行為。
    • (14)不特定多数の会員等に対して、電子メールを送信する行為。
    • (15)当会の定める規約類(O会員の場合、本規約の第4章部分を除く。)その他法令に違反する行為、又は、そのおそれのある行為。
    • (16)当会との信頼関係を破壊する行為。
    • (17)他人の財産権(著作権や商標権等の知的財産権を含む。)や名誉・プライバシー等を侵害する行為。
    • (18)他人の誹謗中傷その他の不利益を与える行為、又は、そのおそれのある行為。
    • (19)当会を通じて、選挙運動や宗教活動等をする行為。
    • (20)当会の活動を妨げ、又は当会の信用を毀損させる行為。
    • (21)当会を通じて入手した個人情報その他の情報を、不正な目的で利用する行為。
    • (22)他の会員等の判断に錯誤を与える行為、又は、そのおそれのある行為。
    • (23)当会の事前の書面による許可なく、本サイトのコンテンツ・掲載物等を改変、転用、第三者への配布、販売等する行為。
    • (24)本サイトに対し、当会が定めた情報以外の情報等(コンピュータプログラムを含む。)を送信する行為、又は、書き込んだりする行為。
    • (25)公序良俗に反する行為、又は、公序良俗に反する情報を登録する行為。
    • (26)自動車関連部用品の販売に無関係な画像や文言等を登録・掲載する行為。
    • (27)車検証の登録情報、個人情報、機密情報、具体的な根拠を伴わない情報、その他当会が不適切と判断した情報を登録する行為。
    • (28)当会が提供する本サービスと同種又は類似の業務を提供する行為。
    • (29)有償・無償を問わず、第三者に本サービスの全部ないし一部を享受できる機会を、当会との契約方法に従わずに提供する行為。
    • (30)当会に対し、不実の情報を提供する行為。
    • (31)有害なコンピュータプログラム、メール等を送信又は掲載する行為。
    • (32)本サーバその他の当会のコンピュータに不正にアクセスする行為。
    • (33)本サーバやネットワークを妨害・混乱させる行為。
    • (34)他者になりすまして本サービスを利用する行為。
    • (35)当会の事前の承諾なしに、個人情報を収集・蓄積する行為。
    • (36)その他、当会が不適当又は運営方針から外れるとみなした行為。
  3. 会員等が前2項の各号に違反した場合には、当会は、違反した当該会員等の承諾なく、かつ、事前に通告することなく、直ちに、当該情報を削除等、必要な措置を講ずることができるものとする。
  4. 前項の場合において、当会、他の会員等又は第三者が損害を被った場合には、違反した当該会員等は、損害を被った者に対して損害を賠償しなければならない。
第12条(退会)
  1. 会員等が退会を希望する場合は、当会が指定する方法に従って退会届を提出するものとし、当会が、当該退会届を正式に受理した時点をもって、退会手続きが完了するものとする。
  2. 退会希望者が当会に対して債務を負っている場合は、退会までにそのすべてを弁済しなければならない。
  3. 本条第1項に定める手続きが完了した場合、退会希望者は、会員等資格を喪失するとともに、当会に対して有していた一切の権利を失うものとし、退会者が、当会に対して何らかの入金をしていた場合であっても、当該金員の返金等は一切行わないものとする。
  4. 本条第1項に定める手続きが完了した場合であっても、退会者が当会に対して債務を負っている場合は、当該債務を免れることはできない。
  5. 本条第1項に定める手続きが完了した時点において、退会者が当会に預けたままの著作物等がある場合、これらの著作権等は、本会に譲渡されたものとみなす。
第13条(除名)
  1. 当会は、会員等が、次の各号に定める事由のいずれかに該当した場合、何ら事前に通知・催告等をすることなく、本件登録情報を削除するとともに、当該会員等を除名することができる。
    • (1)第3条に定める資格要件を満たさなくなったとき。
    • (2)本システムの利用を終了したとき。
    • (3)ブラウザーユーザーが、継続して1年以上の間、本ネットワーク上で本商品の検索を行わなかったとき。
    • (4)本規約(O会員の場合、第4章部分を除く。)その他当会との間における一切の契約の各条項の一にでも違反したとき。
    • (5)仮差押、仮処分、強制執行、公租公課の滞納処分、手形交換所の取引停止処分、銀行取引の停止処分等を受けたとき。
    • (6)競売、民事再生、会社更生、破産、特別清算等の申立があったとき。
    • (7)支払の停止など、経済的信用状態の悪化を示す事由があったとき。
    • (8)解散、廃業、営業の全部若しくは一部の譲渡又は賃貸をしようとしたとき。
    • (9)監督官庁により、営業の停止又は営業免許若しくは登録の取消処分を受けたとき。
    • (10)反社会的勢力に属するものと当会が判断したとき。
    • (11)販売方法、取扱商品その他の業務運営が公序良俗に反し、又は、行政当局による注意若しくは勧告を受けたとき。
    • (12)当会から会員等に対する連絡が取れなくなったとき。
    • (13)当会の指示に従わないとき。
    • (14)信義則に反する行為があったと当会が認めたとき。
    • (15)当会が、会員等としてふさわしくないと判断したとき。
    • (16)前各号に定める場合のほか、当会が業務を行う上で重大な支障が発生したとき、又は、そのおそれがあるとき。
  2. 会員等は、前項により除名された場合、その会員等の資格を喪失する。
  3. 本条によって除名された者の権利義務については、前条の定めを準用する。
  4. 会員等が、本条によって除名されたことによって何らかの損害を被ったとしても、当該会員等は、当会に対し、何らの請求もすることはできない。
  5. 本条に基づく除名がなされた場合であっても、除名された会員等に対する当会の損害賠償請求権は失われない。
第3章 運営
第14条(事務局)
当会の運営は、運営会社内に設置されるパーツステーションNET事務局が行う。
第15条(当会の権利義務)
  1. 当会の活動主体はあくまで会員等自身であり、本商品に関する取引は会員等の自己責任で行わなければならず、当会は、会員等の個別の利益拡大を保証しない。
  2. 当会は、本件登録情報を本サーバ内で管理し、これを当会の共有情報として会員等に提供することで、本件登録情報にアクセスする会員等相互間の取引を支援するものとする。
  3. 会員等は、本件登録情報が、本サイト及び運営会社の業務提携先(以下、「提携先」という。)が管理・運営しているサイト等に掲載され、当会及び提携先の会員等によって検索対象とされることに同意するものとし、当会は、本件登録情報のすべてを自由に利用できるものとする。
  4. 本サイトに含まれるコンテンツ・掲載画像等に関する一切の著作権は、すべて当会に帰属するものとする。
第16条(通知及び公告の方法)
  1. 当会から会員等に対する通知は、当会の定める規約等に特別の定めがある場合を除き、会員等が、第4条及び第5条の定めるところにより、あらかじめ当会に届け出た連絡先に対し、郵便物を送付する方法又は電子メール若しくはFAXを送信する方法によって行うほか、本サイト上への掲示、その他当会が適当と認める方法によって行うものとする。
  2. 当会は、前項の通知が郵送によって行われる場合、当会が発送した郵便物が、現に会員等の届出先住所に配達された時点、又は日本郵便株式会社が公開している配達に要する日数を満了した時点のいずれか早い日時をもって、会員等への通知が完了したものとみなす。
  3. 当会は、本条第1項の通知がFAXによって行われる場合、当会側のFAX送信機において、FAX送信が完了した旨の確認が取れた時点をもって、会員等への通知が完了したものとみなす。
  4. 当会は、本条第1項の通知が電子メールによって行われる場合、当会が送信したメールが、会員等側の受信メールサーバに到達した時点をもって、会員等への通知が完了したものとみなす。
  5. 当会は、本条第1項の通知が本サイト上の掲示によって行われる場合、当該通知内容が本サイト上に掲示された後、48時間の経過をもって、会員等への通知が完了したものとみなす。
  6. 当会の公告は、前項と同様に、本サイト上に掲示する方法によって行う。
  7. 会員等が当会に対して通知を行う場合、その手段と到達時期は、以下の各号に定める通りとする。
    • (1)書面
      当会の管理区域内に到達した時
    • (2)電子メール
      当会が利用している受信メールサーバに到達した時
  8. 会員等が、前項に定める以外の手段で通知を行った場合、当会は、当該通知が当会に到達しなかったものとみなすことができる。
第17条(会員等情報の取扱い)
  1. 当会は、会員等の登録、商品購入、アンケートの回答等を通じて、会員等の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、本サイトの使用状況、その他の会員等の情報(個人情報を含む。以下、同じ。)を入手することができ、当該会員等の情報は、当会のデータベースに登録されるものとする。
  2. 当会は、前項によって個人情報を取得した場合、個人情報の保護に関する法律、当社の個人情報の取扱いに関する規定、主務官庁のガイドライン、その他関連諸法令に従って、これを厳重に管理するものとし、原則として、第三者への情報開示を行わない。但し、統計的な処理を施し、個々の会員等の情報を特定できない状態に至ったものについては、第三者に開示することができる。
  3. 前項の定めに関わらず、当会が、法令等に基づいて開示を要求されたとき、又は当会の権利、財産、名誉の保持に必要不可欠であると判断したときは、本条第1項で入手した会員等の情報を第三者に開示することができる。
  4. 当会は、本条第1項に定める個人情報につき、権限ある者から訂正・削除等の要請を受けた場合は、会員等に通知することなく、これに応じることができる。
  5. 会員等が、本サイト内に個人情報を掲載する場合、当該個人情報に関して発生した一切の責任については、当該会員等自身が負うものとする。
  6. 当会は、当会及び当会と資本関係にある企業(以下、併せて「当会グループ企業」という。)は、会員等から提供された情報(以下、「会員等情報」という。)につき、法令により認められる場合を除き、次の各号の利用目的の範囲内で利用できるものとする。なお、会員等情報に含まれる会員等の顧客に関する情報に関しては、会員等の責任において、当該顧客に対して、個人情報保護法等に従った措置を講じておくものとする。
    • (1)当会グループ企業の商品・サービスの提供、アフターサービス、契約・取引の履行、提携先企業のものを含む当会グループ企業の販促用資料・アンケート等の送付、イベント等の案内、当会グループ企業における商品開発・統計調査、業務上の連絡・問合せ等への対応。
    • (2)当会グループ企業の商品・サービスの料金の徴収及び決済、並びに、これに伴い金融機関・当会グループ企業が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力に関する情報の収集及び会員等に対する当該情報の提供を業とする者)に対する口座番号・クレジットカード等の有効性及び与信状態の確認。
    • (3)その他、上記に付随・関連する各業務の遂行。
  7. 会員等は、当会が前項の利用目的の達成に必要な範囲内において、会員等の情報につき保護措置を講じた上で、当会の業務委託先へ提供し、当該委託先が受託の目的に限って利用する場合があることを予め承諾するものとする。
  8. 会員等は、当会が、許諾権者に対して、ライセンス管理等の必要最小限の範囲で会員等の情報を提供することにつき、予め承諾するものとする。
  9. 当会グループ企業の事業内容及び個人情報の取扱いについては、当会のホームページ(http://www.broadleaf.co.jp)で常時掲載するものとする。
第18条(守秘義務等)
  1. 会員等は、本規約その他一切の契約等に関連して、当会から機密である旨明示されて開示を受けた情報を、当会の書面による事前の承諾なく、第三者に開示又は漏洩してはならない。但し、以下の各号に該当する情報であることを会員等が客観的に立証したものについては、この限りでない。
    • (1)会員等が、本サービスに関連して知得した時点で既に保有していた情報。
    • (2)本サービスに関連して知得した時点で既に公知であった情報、又は、その後、会員等の責めによらずして公知となった情報。
    • (3)会員等が、正当な権限を有する第三者から、機密保持義務を負わされることなく入手した情報。
    • (4)会員等が、機密情報を利用することなく独自に取得した情報。
    • (5)会員等が、法令により開示義務を負う情報。
  2. 会員等が第11条第1項及び第2項各号のいずれかに該当する禁止行為を行ったことにより、当会の業務が妨害された場合であって、正当防衛又は緊急避難に該当すると認められるときは、当会は、会員等の秘密に属する情報の一部を第三者に提供することができる。
  3. 前2項の規定は、その理由の如何を問わず、会員等が会員等の資格を喪失した後においても有効とする。
第19条(知的財産権の帰属)
  1. 売主が、本サーバに登録した販売情報のうち、売主が著作権を有するものについては、登録の時点で当会に移転する。
  2. 売主が、前項で登録する販売情報のうち、第三者が著作権を有するものについては、売主の費用と責任により、事前に当該第三者から、当該著作物を、当会及びその他の会員等が利用することにつき許諾を受けておかなければならない。
  3. 会員等は、ミラーサイトの利用、本サイト以外のサイトからのハイパーリンク(フレーム処理を含む。)、その他当会が適当と認める方法により、当会が本サイトの広告宣伝等をすることにつき、前項の第三者の著作物を無償で使用できることを保証する。
  4. 本サービスの仕組みに関する知的財産権はすべて当会に帰属し、会員等は、本規約等に従ってこれらを使用する以外には、如何なる方法によっても、これらを使用、利用、又は第三者への移転等をすることができない。
  5. 本サービスに関連してなされる発明・考案等につき工業所有権を受ける権利は、すべて当会に帰属するものとする。
第20条(提供情報)
  1. 当会は、本サービスに関連して会員等が提供した情報を、自由に利用できるものとする。
  2. 会員等は、本サーバ内に蓄積された会員等の属性、売買制約その他の情報等を、当会が自由に利用することに同意する。
第21条(データの管理・保全等)
  1. 当会は、本サービスの提供にあたり、会員等の秘密情報その他保全を要する重要情報の保全等の各種データのセキュリティにつき、その時点における技術的・経済的水準に鑑みて相当と考えられる程度の方策を講ずるものとする。
  2. 本サーバ内に第三者が進入し、各種データの窃用、改ざん等の不法使用が行われた場合、又は、本サーバがウイルスに感染したために各種データが毀損・滅失した場合は、前項に定める程度の方策を講ずることを当会が怠ったために当該状況が発生したという事実を、会員等が立証した場合に限り、当会は、当該状況によって発生した会員等の損害について責任を負う。
第22条(立入禁止)
会員等は、如何なる理由があっても、当会に対し、本サーバ等の設置場所に立ち入ることを請求することはできない。
第23条(再委託)
当会は、自己の判断でいつでも、本サービスに関する一連の業務のすべてを、第三者に再委託をすることができる。
第24条(本サービスの中断・停止・廃止)
  1. 当会は、次の各号に定める事由のいずれかが発生したときは、会員等に事前に通知することなく、本サービスを中断又は停止することができる。
    • (1)当会が、電気通信事業法第8条(重要通信の確保)等の法令に従う場合。
    • (2)会員等が、本規約(O会員の場合、第4章部分を除く。)その他当会との間における一切の契約内容の一にでも違反した場合。
    • (3)他の会員等又は第三者から、不当表示、債務不履行等の苦情が当会に寄せられた場合。
    • (4)当会が利用するサーバその他のコンピュータ・システム又は通信回線等に障害が発生した場合。
    • (5)当会が、サーバその他のコンピュータ・システム又は通信設備等について、点検、修理、補修、改良等を行う必要があると判断した場合。
    • (6)他の通信事業者が電気通信サービスの提供を中止したことにより、本サービスの提供が困難となった場合。
    • (7)火災、停電、その他天災等の非常事態等により、本サービスの提供が困難となった場合。
    • (8)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により、本サービスの提供が困難となった場合。
    • (9)運用上又は技術上の問題が発生し、当会が、本サービスの中断又は停止が必要であると判断した場合。
    • (10)当会、会員等、又は第三者の権利を保全するために、緊急の必要があると当会が判断した場合。
    • (11)その他、当会が、本サービスの提供を中断又は停止することが妥当であると判断した場合。
  2. 前項の定めに関わらず、当会は、会員等に事前の通知を行うことにより、いつでも任意に、本ネットワークに関連するすべてのサービスの提供を廃止することができる。
  3. 当会は、前2項に定める本サービスの中断・停止・廃止によって発生した会員等の損害等について、その責任を一切負わないものとする。
第4章 品質保証
第25条(品質ランクと保証の対象)
  1. 売主は、本商品に対して、下記品質ランク区分に基づいて品質ランクを付与するものとし、買主に対し、本商品が付与した品質ランクの範囲内で正常に機能することを保証するものとする。
    ランク 外装部品 内装部品 エンジン
    関係
    ミッション
    関係
    走行関係 懸架関係 電装部品
    S
    (極上品)
    点検・テスト済みの新品又は新品同様の部品。 点検・テスト済みのものであって、走行距離が5,000km以内の新品又は新品同様の部品。
    A
    (上品)
    点検・テスト済みのものであって、1.0cm×1.0cm以内の傷・凹み・曲り・汚れ等の合計が3個以内で、かつ、傷の種類、場所、寸法等が状態欄へ適切に表示された部品。
    但し、加修跡(鈑金跡・再塗装)が目で見て確認できるものは除く。
    極微小の磨耗やガタはあるものの、機能上全く問題のない部品で、かつ、その内容が状態欄、記録簿(エンジンの場合)に適切に表示された部品。
    但し、点検・テスト済みのものであって、走行距離が20,000km以内の部品に限られる。
    B
    (普通品)
    Aランクの品質条件を外れる部品ではあるが、加修することにより再利用可能な点検・テスト済みの部品で、かつ、傷の種類、場所、寸法等が状態欄へ適切に表示された部品。 少々の汚れやガタはあるものの、機能上差し支えのない部品で、かつ、その内容が状態欄、記録簿(エンジンの場合)に適切に表示された部品。
    但し、点検・テスト済みのもの(走行距離は不問)であることを要する。
    M
    (未テスト品)
    十分再利用可能な部品ではあるが、点検・テストを行っていない部品。
    (例:パワーウインドモーターの動作確認をしていないドアAssy等)
    十分再利用可能な部品ではあるが、点検・テストを行っていない部品。
    (例:走行距離は2,000kmであるが、始動確認をしていないエンジンAssy等)
  2. 前項の定めに拘らず、エンジンAssyについては、エンジン本体のメタル・カムシャフト・シリンダー等の異常摩耗、損傷(オイル消費量大、コンプレッション低下)等の現象が発生した場合についても、保証の対象とする。また、エンジン本体以外の補機類は、原則として保証対象外とするが、乗せ替え直後に、噴射ポンプ、タービン、スーパーチャージャー、キャブレターに異常が発生した場合には、保証の対象とする。但し、補機類の不良を予め売主がコンピュータの状態欄に記載しているか、又は、売主が事前に口頭で説明を行っていた場合には、原則に戻り、保証対象外とする。
  3. 本条第1項の定めに拘らず、ミッションAssyについては、ミッション内部及びトルクコンバーターの故障が発生した場合についても、保証の対象とする。
  4. 前3項の定めに拘らず、次の各号のいずれかに該当する場合については、保証の対象外とする。
    • (1)日本国外において本商品を使用した場合。
    • (2)保証期間終了後に故障が発生した場合。
    • (3)売主の承諾なく、買主又は転売先側が本商品を修理等した場合。
    • (4)買主又は転売先側の故意又は重過失によって故障が発生した場合。
    • (5)故障が発生した後、故障品の現物が、10日以内に売主へ返送されない場合。但し売主と買主とが協議した結果、故障が発生した現地において故障品の処分を行って良い旨売主が了解した場合については、この限りではない。
    • (6)買主又は転売先側による整備不良、調整ミス、点検保守の不実行、取り付け工程の間違い、改造、その他法令で定められた定期点検義務違反に起因して故障が発生した場合。
    • (7)買主又は転売先側が、メーカー指定外の純正油脂類(潤滑油)や故障燃料を使用したことによって故障が発生した場合。
    • (8)買主又は転売先側が、冷却水や油脂類の管理を怠ったことによるオーバーヒートやオイル不足が原因で故障が発生した場合。
    • (9)天災(台風、地震、水害)、火災、盗難、事故などに遭遇したことによって故障が発生した場合。
    • (10)買主又は転売先が主観的に違和感を覚える程度(オイルにじみ、異音、振動、操作フィーリング等)の現象が起こったに過ぎない場合。
    • (11)買主又は転売先側が、タイミングベルト、チェーン、各ベルト、オイルエレメントなどの消耗部品をエンジン載せ換え時に交換しなかったために故障が発生した場合。
    • (12)機能部品、足回り部品、外装部品等の電気系統に故障が発生した場合。
    • (13)自動車レース、ラリーなどの過酷な条件下において本商品が使用された場合。
    • (14)買主又は転売先側が、本商品の誤発注等のミスをした場合。
  5. 本章の規定は、売主と買主間における取引についてのみ適用されるものであり、転売先は、本条第1項に定める品質ランク区分を、参考情報として、本サイトを通じて閲覧することはできるものの、売主及び転売元に対し、直接、本章の規定を根拠とした保証を求めることはできない。
第26条(保証内容)
  1. S・A・Bランク商品については、次条に定める保障期間中に、前条に定める保証範囲内の異常が発生した場合には、売主は、買主に対し、代替商品を提供するものとする。
  2. 前項に従って代替品を手配できない場合、売主は、買主に対し、商品代金を値引きするか、又は、商品代金の全額と運賃を併せて返金処理を行うものとする。
  3. 前2項の定めに拘らず、S・A・Bランク商品のうち、売主がエンジンAssy及びミッションAssyについて保証をする場合には、売主は、買主に対して、代替商品の提供をするとともに、下記の金額の範囲内において、買主が要した脱着工賃の実費(消費税を含む。)を支払うものとする。
    部 品 脱着工賃の計算方法 保証金額の上限
    エンジンAssy レバレート6,000円×作業指数(*) 売主と買主との取引金額
    ミッションAssy レバレート6,000円×作業指数(*) 売主と買主との取引金額
    *作業指数とは、日整連標準作業点数を基準とした本商品の脱着に要した作業点数をいう。
第27条(保証期間)
  1. 本商品に関する保証期間は、買主が本商品を受領した日から、下記に定める時点までとする。
    商 品 保証期間
    エンジンAssy及びミッションAssy以外の全商品 2週間
    エンジンAssy 3ケ月間、又は、走行距離1万km
    (いずれか早い方)
    ミッションAssy 1ケ月間、又は、走行距離5千km
    (いずれか早い方)
  2. エンジンAssy又はミッションAssyが本商品である場合、売主は、本商品の引渡し以前の段階で、買主から走行距離を聴取しておくものとし、買主はこれに応じなければならない。
第5章 責任
第28条(当会の責任)
  1. 当会は、本件登録情報の内容と本商品の実際の内容とが異なっていたとしても、一切責任を負わないものとし、また、本サービスの提供が、会員等の特定の要求事項を満たすことを保証しないものとする。
  2. 当会は、本サービスの提供にあたり、その完全性、正確性、適用性、有用性等、いかなる保証も行わず、会員等が本サービスを利用した結果及びその結果直接・間接に生じた損害について、一切責任を負わないものとする。
  3. 当会は、次の各号のいずれかに該当する場合、会員等に損害が発生したとしても、その故意・過失の有無を問わず、一切の責任を負わないものとする。
    • (1)会員等が、本サーバに接続するにあたり、通常よりも多くの時間を要したとき。
    • (2)売主が本サーバに登録した販売情報が、本サイト上に反映されるまでに、通常より多くの時間を要したとき。
    • (3)会員等又は第三者によって、本サーバの容量及びアクセス回線の許容範囲を超えるデータ通信がなされたことにより、本サービスの提供に何らかの障害が発生したとき。
    • (4)当会又は会員等が、本サービスの提供ないし利用に必要なハードウェア若しくはソフトウェアを変更(バージョンアップを含む。)したために、本サーバに何らかの不具合が生じたとき。
    • (5)会員等のネットワーク環境が、当会の指定する技術的必要条件を満たしていないために、会員等が、本サービスを利用することができないとき、又は利用に支障が出たとき。
    • (6)第24条第1項に定める事由の発生により、本サービスの提供ができなくなったとき。
第29条(売主の責任)
  1. 売主が、買主から、本商品の現物の状態が、本ネットワーク上で確認した状態欄記載の状態、又は売主から口頭で説明を受けた状態と著しく異なる旨の指摘を受けた場合には、売主は、買主と協議の上、代金の減額、全額の返金、代替品の納入等の処理を行うものとする。
  2. 売主の受注ミス又は出荷間違い等が発覚した場合、売主は、速やかに、正しい商品を買主に再発送するものとする。
  3. 本商品の発送に関して輸送事故等が発生した場合、売主は、買主と協議の上、代金の減額、全額の返金、代替品の納入等の処理を行うものとする。
  4. 前2項の場合において、買主が、売主に対し、誤って発送された商品又は輸送中の事故によって毀損した商品の返品をした場合には、返品に伴う梱包費、往復運賃等、買主が負担した実費のすべてを売主が負担するものとする。
第30条(買主の責任)
  1. 買主は、売主から本商品を受領した場合、直ちに開封をし、本商品の現物の状態を確認するものとする。
  2. 前項の確認作業の結果、発注した商品とは異なる商品であることが判明した場合、又は、本商品の現物の状態が、本ネットワーク上で確認した状態欄記載の状態、若しくは売主から口頭で説明を受けた状態と著しく異なっていた場合(但し、いずれの場合についても、買主の発注ミスを原因とするものは除く。)には、売主に対し、第27条の保証期間内にその旨を申し出るものとする。
  3. 買主及び転売先は、自己の発注ミスが原因で誤った商品を受領した場合、原則として、返品等の申し出をすることはできない。但し、売主と個別に協議をした結果、売主の承諾が得られた場合には、買主又は転売先が当該商品の返品をするにあたって必要となる梱包費、往復運賃その他一切の費用等のすべてを負担することを条件として、当該商品の返品等の手続をすることができる。
第31条(損害賠償)
  1. 当会は、本規約に特別の定めがある場合を除き、その故意・過失の有無を問わず、本サービスを利用するにあたって発生した会員等及び第三者の損害について、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償責任を負わないものとする。
  2. 会員等が、本規約(O会員の場合、第4章部分を除く。)その他当会と会員等間における一切の契約又は法令等に違反する行為、不正な行為、その他会員等の故意・過失に基づく行為によって本会に損害を与えた場合、本会は、当該会員等に対して、間接損害を含むすべての損害につき、損害賠償を請求することができるものとする。
第6章 規約の変更等
第32条(規約の範囲及び変更)
  1. 本規約は、会員等又は本会が特別に認めた者が、本サービスを利用するにあたって、当会とこれらの者との間に適用されるものとする。
  2. 当会は、会員等へ事前の通知をすることなく、また、会員等の事前の承諾を得ることなく、本規約をいつでも任意に変更できるものとする。
  3. 当会は、前項の定めるところにより、本規約を変更した場合は、当該変更後の規約を本サイト上に掲示するものとし、掲示後48時間を経過した時点で、すべての会員等に対して変更の効力が生じるものとする。
  4. 当会が別途定める個別規定、及び当会が随時に会員等に対し通知する追加規定等は、本規約の一部を構成するものとする。
  5. 前項の場合、本規約と個別規定又は追加規定の内容とが異なる場合には、個別規定及び追加規定が本規約に優先して適用されるものとする。
第7章 附則
第33条(実施細則)
当会の活動に関する詳細な運用ルール等については、別途、当会が定めるところによる。
第34条(優先適用)
第33条に定める規定以外に本会と会員等との間で締結された他の契約等がある場合、当該他の契約の内容と本規約の内容に相違がある場合は、特別の定めがない限り、当規約が優先して適用されるものとする。
第35条(特例措置)
  1. 本規約上におけるO会員としての資格は、本規約の改定前の段階から本サービスを利用していた従前のシステムユーザーのうち、改定前の旧規約が適用されることについて同意をしていなかった一部の者に対してのみ特例として与えられる地位であり、本規約改定日以降において本サービスの利用を開始した者については、新たにO会員の資格を取得することはできず、例外なく、正規のG会員資格を取得しなければならない。
  2. 本規約のうち第4章の各条項については、会員間の取引についてのみ適用されるものとし、G会員とO会員間、又はO会員同士の取引については適用されないものとする。
第36条(無規定条項等)
本規約に定めのない事項又は疑義のある事項については、当会が適当と判断した方法に基づいて、その処理を行うものとする。
第37条(管轄裁判所)
本規約に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

以上

平成21年6月1日  株式会社ブロードリーフ パーツステーションNET事務局 改定



メニューに戻る